ホーム > アーティスト名一覧 >

福山雅治の使用ギター。ライブや曲の中で使ったギター一覧

福山雅治さん使用のギターです。使用が確認できた年順に記載しています。(新しいものから順に)

ギブソン J-45

福山雅治さん主演ドラマ「ラヴソング」の中で福山さん演じる神代広平が弾いていたギター。(1956年製のGibson J-45)

当初は自分のギターを持ってくる予定だったそうですが、求めていた感じのものがなく、インターネットで探して購入したそうです。

取り寄せて弾いてみると、抜群の音だったそうで、ドラマの中で使うことにしたそうです。

>> このギターの詳細を見る

マーチン(Martin) OM-45

写真は1930年に19本のみ生産されたバンジョー・ペグ付きの完全復刻モデル。

弾き語りアルバム「魂リク」で使われたギター。福山さんが使ったのは1930年製のMartin OM-45。

この年(1930年に)19本しか生産されなかった中の1本という大変希少なモデルで、その音は本人も大絶賛。

>> このギターの詳細を見る

マーチン(Martin) D-28

11枚目のアルバム「HUMAN」に収録された曲、「暁」「246」で使われたギター。福山さんがこの曲で使ったのはこのモデル(Martin D-28)の1940年のモデルになります。

とにかくいい音とラジオではこの曲のギターの音について何度も語っています。

>> このギターの詳細を見る

ギブソン(Gibson) ES-335

11枚目のアルバム「HUMAN」に収録された曲、「246」「Cherry」などに使われたギター。

ライブではオリジナルモデルを、レコーディングでは復刻モデルを使うそうです。

>> このギターの詳細を見る

マーチン(Martin) OOO-42

2012年発売の29枚目のシングル「Beautiful Life」で福山さんが使用したギター。

>> このギターの詳細を見る

ポール・リード・スミス Private Stock

2012年にラジオでポール・リード・スミスのプライベートストックを最近メインで使っていると語っています。音の立ち上がりも速く、反応がいいとのこと。このモデルを何本か購入したそうです。

「Get the groove」「恋の魔力」(セルフカバーバージョン)などでもこのギターが使われています。

>> このギターの詳細を見る